パソコン/ビジネスフォン/カメラ/保守

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. インターネット
  3. ルータ設定のいろいろ

ルータ設定のいろいろ

ルータ設定を業者に頼まず、自社でできる企業様が多くなってきました。
ルータの性能もアップしてきており、インターネット接続するだけでしたら、簡単
にできるようになりました。

ところでルータにもいろいろな機能があるのは知っている方もいると思いますが、
「この機能はなに?」と疑問に思っている方も中にはいるのではないでしょうか。
とりあえずインターネット接続ができれば特にそれ以上は望まないということで
特に気にしていないかもしれませんね。

実は、機種にもよりますが、ルータに使うと役に立つ機能があります。その一部
をご紹介いたします。

≪アクセスポイントモード≫
ルータを何らかの理由で買い替える際、まだ使える古いルータは無線アクセスポイ
ントとして利用できます。
「会議室では無線で利用したい・・・でもWi-Fiが届かない・・・」
そのような時は古いルータをアクセスポイントとして利用できることがあります。
先の会議室で現在電波が届いていない場合、買い替えた新しいルータや既設の
HUBから有線LANを会議室まで引きます。そこにアクセスポイントモード(APモー
ド)にしたルータを設置することで、電波の範囲を事実上広げることが可能とな
ります。

≪ブリッジモード≫
上記で記載したAPモードと類似しています。
古いルータをルータ機能を無効にしてスイッチングハブとして利用が可能です。
文字通りHUBですので、ルータにあるLANの差込口(LANポート)から複数の
PCを接続できるHUBの役割を果たします。
注意点としてはルータが2つ存在しているので、両方ともルータ機能がONになって
るとネットワークが2つあることになり、接続方法によっては片方がネットに
繋がらないという事象が発生することもあります。
また、ループといってLANケーブルが正しいルートでルータに接続されていない
ため、一部がインターネット接続ができないという事象が発生することがありま
すので、ルータをルータ機能として使用していない場合は、テプラなどで現在の
使用モードをわかりやすくしておくと担当者がいなくても他の社員がトラブル時
に解決できる可能性が高くなります。

このように、ルータにはまだ他の機能があることもあります。
ルータ以外で利用する際、接続が正しくされず障害!?と勘違いしてしまうこと
もあります。
ネットワーク環境保守サービスはこのようなトラブルも丁寧に対応させていただ
きます。ぜひ、ご利用ください。

 

PAGE TOP