パソコン/ビジネスフォン/カメラ/保守

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. インターネット
  3. 無線LANが繋がらない場合の対応について

無線LANが繋がらない場合の対応について

「無線LANが繋がらない」

ネットワーク環境保守にお問合せいただく多い質問の1つです。

無線LANを利用されている企業様も多くなってきました。

無線LANは便利ですが、トラブルが発生した時に原因の特定が困難であることが多いので、注意が必要です。

規格の異なる無線機器同士を接続しようとしてる

無線LANには複数の規格が存在します。

具体的には

5GHzのIEEE802.11aやIEEE802.11ac、

2.4GHzのIEEE802.11bやIEEE802.11g

があります。

機器の一方が5GHzで、一方が2.4GHzで使用周波数帯が異なっている場合、それらの機器同士は相互通信できません

双方の機器が同じ規格になるように設定してください。

 

SSIDがない

SSIDとは無線LANの電波を受け取る機械の「なまえ」です。

最近のルータには「ステルス機能」があり、意図的にSSIDを自動認識できないようにすることができます。

最初からこの機能になっていることは基本的にはなく、設定することが必要です。

SSIDが無い(表示されない)場合、一度ステルスモードになっていないか確認してみてください。
※最近ではWin10のアップデートをした際に表示されなくなったという事例もあるようです。

 

今後も事例とその対象方法をご紹介させていただきます。

パソコンのトラブルはぜひ、ネットワーク環境保守のパソコン保守をご利用ください!

スタッフ一同、丁寧にご対応させていただきます。

 

パソコンとネットワークトラブルはプロにお任せください。

ネットワーク環境保守は、

電話やリモートのログインで、ヒアリング対応

訪問が必要な場合は、地域の一番早く訪問できる業者を選定

訪問料金は無料で作業費用のみ

しつこい営業電話なし

PAGE TOP