パソコン/ビジネスフォン/カメラ/保守

スタッフブログ

  1. ホーム
  2. インターネット
  3. 「DNSサーバーは応答していません」インターネットが利用できない

「DNSサーバーは応答していません」インターネットが利用できない

「DNSサーバーは応答していません」

 このように表示されて、インターネットが突如接続できなくなってしまう事象が稀にあります。
その時に、原因の特定をセルフチェックできる方法をご紹介します。

1.表示パソコンの問題かどうか切り分け

使用している端末とは別の端末で、ルーターへ有線接続、または無線接続してみる。
  ・別端末でも繋がらない場合は、端末に問題がないのでルーター、またはインターネットプロバイダーに問題があります。→2へ

  ・別の端末でつながった場合、問題は最初に使用していたパソコンにあります。

その場合の対処法として

・パソコンをセーフモードで起動
 →必要なプログラムのみが起動されるので、これでつながればウィルス対策ソフトなど、他のプログラムやサービスが原因かを判断できます。

・キャッシュの削除(クリア)
 →DNSのキャッシュが古くなっていると、キャッシュをクリアすることでつながる場合があります。

   上記2点を行ってもうなくいかない場合、パソコン固有の故障の可能性が高いのでパソコン修理店もしくは、当サイトの無料故障相談でお問合せください。

2.モデム・ルーターかどうかの切り分け

 NTTのONUやOG、VGのようなアダプタの電源ケーブルを抜きます。

 このとき、他の社員の方が利用できている状態であるとき、電源を抜くと繋がらなくなります。通信中などの場合があるので、声をかけておくとよいです。

 電源を切って最低30秒ほどそのままにしておき、残留電荷を放電します。

 再び、電源を入れ、完全に電源が入るまで待ちます。完全に電源が入った後で、ルーターに電源ケーブルを繋いでPCを再起動。

3.プロバイダ/回線事業者のトラブルかどうか切り分け

 繋がらなければ、プロバイダーと回線事業者に問合せをしてみてください。

 プロバイダや回線事業者が障害が発生している場合があったり、稀にですが近くで道路工事をしていて、回線が止まっていたケースもありました。

4.周辺機器やネットワークかどうかの切り分け

 プロバイダーや回線に異常がなければ、周辺機器の可能性があります。

  ・LANケーブルで直接ルーターとつないでみる
   →繋がらなければルーターの故障が考えられます。
   →繋がれば、ルーター配下のHUBの故障またはLANケーブルの断線が考えられます。

 

パソコンとネットワークトラブルはプロにお任せください。

ネットワーク環境保守は、

電話やリモートのログインで、ヒアリング対応

訪問が必要な場合は、地域の一番早く訪問できる業者を選定

訪問料金は無料で作業費用のみ

しつこい営業電話なし

PAGE TOP